スペーシアにチャイルドシートを取り付けるならCombiがお勧め!荷台にベビーカーが乗せれるかな?



Combi チャイルドシート

スペーシアチャイルドシート ベビーカー

スペーシアにチャイルドシートを付ける過程で一番悩んだことは、

「チャイルドシートを付けて荷台にベビーカーを乗せれるのか?」

ということでした。

そこで選んだチャイルドシートがこちら、「Combi ホワイトレーベル クルムーヴ スマート ISOFIX エッグショック」です。

なぜコンビのチャイルドシートを選択したかと言うと、

  • 赤ちゃん本舗の売り場で一番小さいサイズを選んだから
  • 操作性が一番良かったから

です。

チャイルドシートが大き過ぎると、荷台にベビーカーが載せれません。

後部座席には赤ちゃんを見るために人が座りますから、ベビーカーはどうしても荷台に乗せる必要がありますからね。

操作性にいたってはコンビが一番です。(個人的感想)

シートを回転させる時、リクライニングさせる時などが簡単に行えます。他社の製品は少し扱いずらかったです。

なぜISOFIXモデルを選んだか

スペーシアチャイルドシート ベビーカー

チャイルドシートの固定方式は2種類あります

  • シートベルト固定式
  • ISOFIX固定式(2012年7月以降発売の新車には取り付け金具が義務化)

です。

シートベルト固定式のメリットとデメリット

  • メリット 安い
  • デメリット 取り付けが難しい

シートベルト固定式はとにかく安いモデルがあります。新生児対応用でも安いモデルなら2万以下でありますからね。

ISOFIX式のメリットとデメリットはシートベルト固定式と反対で、

  • メリット 取り付けが簡単
  • デメリット 高い

以上になります。

初めは値段の安さから、

「シートベルト固定式にしようかな」

と思った時期がありました。

しかし、新生児は弱いんです。

「チャイルドシートが固定できていなくて、一生残るような後遺症が赤ちゃんに残ったらどうしよう」

などと考えていると、「お金はケチるべきではないな」と思いISOFIXモデルにしました。

取り付けた結果

スペーシアチャイルドシート ベビーカー

スペーシアにチャイルドシートを取り付けた写真です。

後部座席は一番前によせています。

スペーシアチャイルドシート ベビーカー スペーシアチャイルドシート ベビーカー

荷台には縦に約50cmスペースがあります。

折りたたんだ時に30cm~40cmくらいのベビーカーを選ぶと荷台に載せれそうですね。

スペーシアチャイルドシート ベビーカー

後部座席の隣のスペースは約60cmです。(横幅)

狭いですが、雨天時には何とか車内で赤ちゃんをシートにセットできそうです。

まとめ

荷台のスペースが約50cmということは、

グレードの高いモデルは載せれない可能性がある!

ということです。

グレードの高いモデルだと、折りたたみ時の奥行きが約45cm~50cmあります。

うーん、余裕が全然ないですね。

グレードの高いモデルはいいタイヤが付いていますからどうしても奥行きが大きくなるんですかね。ちなみに、後部座席を一番前によせると乗った時にメチャクチャ狭いです。(軽なので当たり前かな)

車内での赤ちゃんをセットする操作性を考えると、後部座席にもう少し余裕があった方が楽かなと思います。後部座席を後ろによせるとベビーカーの選択肢がさらになくなります。

ベビーカーを購入した時には記事に追記します。

それではまた。

 

合わせて読みたい