ブロードリーフ(3673)から株主優待到着!優待使用時の注意点をまとめたので報告するよ。

ブロードリーフ株主優待到着

ブロードリーフ株主優待

ブロードリーフ(3673)から株主優待が到着しました。(3月26日到着)

優待内容

確定月12月 優待回数1回

・優待A

(1) オリジナルクオカード 

・優待B

(2) 部品MAX優待

株数クオカード部品MAX優待
100株3,000円2,000円
500株6,000円3,000円
1,000株10,000円10,000円
5,000株30,000円20,000円

以上のようになっています。

クオカードだけで結構な利回り

ブロードリーフの優待の凄い所は、100株(2017年12月 株価 約10万円)保有者にもクオカードが3,000円分も貰えることです。

クオカードは残念ながら「すかいらーくグループ」では使用できなくなりますが、コンビニや本屋など使用できる所がまだまだ沢山あります。

クオカードで貰うと税金がかからないところも魅力の一つですね。

3,000円を現金で貰うと約600円の税金を払わなくてはなりませんからね。

部品MAX優待の注意点

ブロードリーフ株主優待

ブロードリーフの優待はクオカードの他に、部品MAXという自社サイトでの買物クーポンも保有株数によって発行しています。

私なら保有株数100株(2017年12月 確定月)ですので、2,000円分の買物クーポンが貰えることになります。

この部品MAXの優待を使うに当たっての注意点は、

  1. 会員登録時にキャンペーンコード(株主番号を入力すること)
  2. クーポンは会員登録後、3日を目処に発行されること
  3. クーポン取得のための会員登録期限があること(2018年9月25日まで)
  4. クーポン利用期限があること(2018年4月10日~2018年9月30日まで)
  5. 株主番号が変更になっている場合には、再度会員登録が必要なこと
  6. 自動車補修部品以外の「期間限定特別販売品」も用意されているが、数に限りがあること。

以上のようになっています。

株式分割で今後の株主優待はどうなる

ブロードリーフは平成30年2月14日に株式分割を発表しました。1株につき2株の割合に分割することにより株式流動性の向上と投資家層の拡大を狙おうとしています。

今後の株主優待がどうなるかを予想してみます。

1株につき2株の割合に分割するとなると、100株保有で株価が約5万円ということになります。

約5万円の投資で、

  • クオカード 3,000円分
  • 部品MAX優待 2,000円分

はいささか無理があるように思えます。

となってくると考えられるのは、

  • 100株保有者への株主優待新設(クオカード1,000円分にするなど)
  • 100株保有者への株主優待廃止
  • 300株保有者の株主優待新設(現行の200株保有者の買い増しをさそう)

のようなことが考えられます。

以上のような株主優待の改悪は株式分割した会社ではよく行われてきました。

直近ではキムラタンが優待改悪を行っていますね

キムラタンの場合は株式分割ではなく、株式併合(10株⇒1株)でした。それにより、1,000株保有者の優待の切り捨てが行われました。

ブロードリーフも株式分割後の優待改悪の発表のニュースには注意しないといけませんね。

それではまた。

合わせて読みたい