プリウスPHV(30系)の燃費報告!春になって燃費がちょっと良くなってきたよ。

 

プリウスPHV(30系)燃費報告

前回は34,812kmで給油しました。

今回は35,526kmで給油します。

給油量が23.16ℓですので、ガソリン満タン法による燃費は30.8km/ℓになりました。

今までの燃費の推移

今までの燃費の推移がこちらです。

1回目48.5 km/ℓエアコン(冷強)+中距離多数
2回目46.3 km/ℓエアコン(冷強)+中距離多数
3回目30.8 km/ℓエアコン(冷強)+長距離多数
4回目41.1 km,ℓエアコン(冷中)+中距離多数
5回目48.1 km,ℓエアコン(冷弱)+中距離多数
6回目37.90 km/ℓエアコン朝晩通勤時 暖房中距離多数
7回目37.36 km/ℓエアコン朝晩通勤時 暖房
+シートヒーター&ステアリングヒーター 中距離多数
8回目28.83 km/ℓエアコン暖房常時使用
+シートヒーター&ステアリングヒーター 中距離多数
9回目25.8 km/ℓエアコン暖房常時使用
+シートヒーター&ステアリングヒーター 中距離多数
10回目22.8 km/ℓエアコン暖房常時使用
+シートヒーター&ステアリングヒーター 中距離多数
11回目23.0 km/ℓエアコン暖房常時使用
+シートヒーター&ステアリングヒーター 中距離多数
今回30.8 km/ℓエアコン朝晩通勤時 暖房
+シートヒーター&ステアリングヒーター 中距離多数

※長距離は100km走行以上、中距離は50km走行以上

※通勤距離は往復20km

※通勤メイン(片道10km)で月の充電回数は20回くらい

平均燃費が30km/ℓを超えました。

暖房を使用しない日が続きましたので平均燃費が伸びました。

実質的走行可能距離は人によって違う

僕はよくガソリンタンクが半分を切った時に給油します。まだまだ走れるのですがタンクにガソリンがあまり入っていない状態は落ち着かないからです。

人によったらエンプティランプが点灯しても50kmは走れるから大丈夫なんてツワモノも存在します。

これが電気自動車ならどうだろうと想像してみます。

100km走行可能な電気自動車があったとすると、僕なら走行可能距離が50kmを切った所から落ち付かなくなることになります。

実質的な走行可能距離は50kmということになります。

ギリギリまで走れるツワモノは実質的な走行可能距離が100kmということになるでしょう。

もちろん走ろうと思えば走れるため実際の走行可能距離とは違いますが、車は毎日使用しますので精神安定上問題ない使用が理想的だと思います。

電気自動車は充電ができる所が限られていますし、電欠(ガソリン車でいうところのガス欠)になった時の恐怖はガソリン自動車の比ではありません。

電気自動車を購入する時にはコストばかり目を向けるのではなく、

  • 自分の性格
  • 日常の走行距離

などを考えて車選びをしないといけませんね。 それではまた。

合わせて読みたい