丸亀市綾歌町にある「キトクラスカフェ」は木の温もりを100%味わえるカフェだよ!



山一木材 「キトクラスカフェ」

キトクラスカフェ

本日は丸亀市綾歌町にある「キトクラスカフェ」にやってきました。

ここは「山一木材 株式会社」という会社が経営しているカフェになります。なぜ木材屋がカフェを経営しているかというと、

「木のぬくもりを後世に伝えるため」

だそうです。

日本の木材産業は

  • 職人の高齢化不足
  • 海外からの安い輸入木材

などの理由により瀕死状態です。

「山一木材」の三代目(女性)が木のぬくもりを宣伝し、日本の木材の良さを知ってもらうために始めたカフェだそうです。

会社をたたむ覚悟をして経営したカフェは有名になり、連日多数の人が来客するカフェとなったそうです。

キトクラスカフェ

木材屋さんなので木材が至る所に置かれています。

キトクラスカフェ

さすが人気のカフェです!

駐車場がいっぱいですね。

運よく一台だけ停めれました。

キトクラスカフェ

門をくぐります。

キトクラスカフェ

門をくぐってもすぐ店は無く、林の中を少し歩かないといけません。

特に坂がきつく苦痛というわけではありません。むしろ木の香りと風がとても心地よく感じます。

キトクラスカフェ

林の中を歩いていると分かれ道がありますが、下へ進みましょう。

キトクラスカフェ

見えました!

カフェというより木で造られた学校のような感じです。

キトクラスカフェ

本当に綺麗です。

「木と暮らすカフェ」

キトクラスカフェ

カフェの中に入ってみましょう。

キトクラスカフェ

カフェの中はログハウスの中のようなマイナスイオン出まくりの店内です。

キトクラスカフェ

外の景色を観ながら飲み物を飲むことができます。

キトクラスカフェ

飲み物はこのような木の入れ物に入れてくれます。

この木の入れ物を持って外で飲むのもよし!

店内で飲むのもよしです!

キトクラスカフェ

本日は珈琲(400円)とゆずジンジャー(500円)を注文しました。

少し店の外に出てみましょう。

キトクラスカフェ

スーパーマリオのキノコのような休憩所です。

じつはこの木は

キトクラスカフェ

取ってが付いていて

キトクラスカフェ

中に入れるようになっています。

中から木のいい香りが漂ってきます。

子供がすごい喜びそうですね。

「遊具」&「木と暮らす木のホール」

キトクラスカフェ

滑り台や

キトクラスカフェ

ブランコがあります。

カフェというより公園ですね。

キトクラスカフェ

カフェの隣に「木と暮らす木のホール」があります。

キトクラスカフェ

建物の中に入ると木から出るマイナスイオンに包まれ時間を忘れてのんびりできます。

「木と暮らす絵本の部屋」&「空を眺めるベンチ」

キトクラスカフェ

「木と暮らす絵本の部屋」では

キトクラスカフェ

絵本や木のおもちゃで遊ぶことができます。(土足厳禁)

キトクラスカフェ

少し変わった形のベンチがありますね。

キトクラスカフェ

「空を眺めるベンチ」です。

キトクラスカフェ

ベンチからの景色です。

晴天でとても気持ちがいい!

キトクラスカフェ

これだけの景色を観ながらの珈琲はとてもぜいたくです。

以前に「観音寺」の中にあるカフェに行きましたが、その時の気持ちよさに匹敵します。

「木と暮らすギャラリー」

キトクラスカフェ

こちらの建物は

キトクラスカフェ

「木と暮らすギャラリー」です。

キトクラスカフェ

オリジナルの机や椅子などが展示販売されています。

キトクラスカフェ

椅子や机には展示品なので座らないで下さいとの表記があります。

キトクラスカフェ キトクラスカフェ

無垢の木の学習机です。

ぜいたくですね。

こちらは無垢の木を使った犬小屋です。

キトクラスカフェ キトクラスカフェ

「木と暮らすギャラリー」ではオリジナル商品(雑貨など)が置かれています。

注意事項&経営者の思い

キトクラスカフェ

注意事項です。

みんなの共有の施設ですからね。

キトクラスカフェ

経営者の思いが書いています。

キトクラスカフェ

「キトクラスカフェ」はカフェと言うよりも公園といった感じです。休憩できる施設があり、雑貨や家具を販売しているギャラーもある。

木のぬくもりを感じることができる施設になっています。

それではまた。

キトクラスカフェカフェ / 羽床駅栗熊駅
昼総合点★★★★ 4.5

キトクラスカフェ

電話0877-86-5331
営業時間

10:00~17:00
日曜日営業

定休日木曜日

 










合わせて読みたい