「おいり」を貰ったので、「おいりソフト風」に食べたら案外美味しかった話だよ。




友達が結婚するから「おいり」を貰って来たんだ。
「おいり」か。

おいり

おいりソフト
香川県の西讃地域では結婚をする時に、「おいり」を配る習慣があります。現代でもその習慣は色濃く残っており、結婚式があった時に「おいり」をよく頂きます。

怒り新党でマツコと有吉が「おいり」を絶賛して、一気に全国的に有名になりました。

香川県内でも結婚をする時に色々な文化の違いがあります。

  • 「座布団」を配らないといけない
  •  結納に対する考え方も東と西で違う
  •  「出立ち」が行われている地域もある
  •  「投げ入れ」が行われる所もある
「出立ち」てなに?
なんでも、「嫁がこの地域を離れて嫁入りします」ということを地域の人に発表する集まりがあるらしいよ。

「投げ入れ」はあまり聞いたことが無いんですが、結婚の意思が固まったころに男性側から女性側に結納前に金一封を送る文化らしいですね。

のしの表書きに「竹葉料」と表記します。

おいりソフト

この西讃地域の「おいり」ですが、初めのうちは美味しんですがしばらくすると飽きてしまいます。

いつも少し食べて、しばらくしてしっけているイメージかな。
おいりソフト

こちらの「おいり」の袋はサンプルとして配っているものになります。

上の写真と下の写真の「おいり」は製造者が違いますね。


おいりメーカー

おいりソフト
「山下おいり本舗」は「おいり」を作っているメーカーとしては、かなりの老舗で三豊観光協会にも紹介されています。

則包商店」も「おいり」作りでは100年の歴史があるメーカーですね。

正直、味の違いは良くわかりませんが。

この「おいり」どうしよか。
おいりソフト風」に食べればいいんじゃね。

最近「おいり」をソフトクリームに乗っけて食べる「おいりソフト」の存在を思い出しました。

アイスの上に乗っけてみる

おいりソフト

家ではソフトクリームは無理なので、アイスで代用します。

おいりソフト

アイスの中身を取り出し「おいり」を乗っけてみます。

おいりソフト

アイスと「おいり」を頂いてみます。

アイスと「おいり」が混ざっていい感じ♪
うん!アイスの少し溶けている部分と合わせて食べるといい感じだね。

サクサクしている「おいり」と結構合うね。

ソフトクリームと合わせて食べるともっと美味しいんだろね。

「おいり」とアイスは結構合いますね。

初めに発見した人はすごいな~♪

香川県には「おいりソフト」の他に、

  • かまたまソフト
  • しょうゆソフト
  • 和三盆ソフト
  • ボイセンベリーソフト

など色々なご当地ソフトクリームがあります。また機会があれば紹介していきますね。

本日もごちそうさま。