Sエネチャージは本当に燃費がいいの?スペーシア所有者が実際の燃費をぶっちゃけます。



Sエネチャージ

スペーシア実燃費

スペーシアを購入してここが気に入っている、ここが気に入らないなどの詳細な説明を書くことにより、スペーシアの購入の参考、はたまたタント、NBOXの比較の参考にしていただければ幸いです。

スペーシアの大きな特徴と言えば「Sエネチャージ」です。写真はSエネチャージ用のバッテリーになります。助手席の下にあり、ここからエアコンなどの電気系統、エンジンアシスト用のモータに電気が供給されます。

モーターアシストしてくれるんだったらプリウスと同じなのかい?
大きな違いがあるんだ。

プリウスのモーターアシストは強力ですので、「エンジン」&「モータ」で強力な加速を味わうことができますが、スペーシアにはそれがありません。スペーシアのモータはあくまでエンジンをアシストする目的で作られています。

モータ加速
プリウス大型
(モータだけで自走できる。)
強力
(モータ&エンジン)
スペーシア小型
(エンジンのアシストのみ)

(モータはアシスト主体で作られている)

こんなところでしょうか。Sエネチャージのモータは、エンジンをアシストする燃費重視の設計思想のもと作られています。
(マイルドハイブリッドと言われるゆえんでもあります。)

プリウスみたいな吹きあがる加速を想像していましたが、そんなことはありません。モーターアシスト時は加速ではなく、燃費を向上させる目的のもとつくられていますから、アシスト時にはエンジン出力が低減されます。加速は普通の軽自動車と同じくらいです。

ハスラーが「Sエネチャージ&ターボ」搭載モデルを出しました。モーターだけで強力な加速が味わえるなら、わざわざターボモデルを出す必要はありませんもんね。

いいところが無いじゃないか。
そんなことないよ。

メリット1 電池が小さいので、電池交換費用が小額

プリウスの電池交換費用はビックリするくらいの値段がしますが、Sエネチャージ用の電池は小容量なので交換費用が小額ですみます。

メリット2 モーターアシストで燃費が向上

エンジンだけで走るのと、モータのアシストが付いているのでは燃費が違います。実燃費は軽のスライドドアではトップです。

メリット3 アイドリングストップ中もエアコンが動いている

これが最大のメリットかもしれません。アイドリングストップ中エアコンが切れてしまう車が多いんですが、アイドリングストップ中でもエアコンが切れません。

アイドリングストップ時はリチュウムイオンバッテリーから電気が供給されるからです。


スペーシアの実燃費公開

スペーシア実燃費 スペーシア実燃費

我が家のスペーシアの実燃費は現在19.7km/ℓです。
(走行距離 約6000km)

使い方

一日の走行距離約10km ~ 20km
乗り方街乗り中心 ストップ&ゴー多い
エアコン使用有り(燃費を気にせずガンガン使用)

 

我が家の使いかたと言ったら、こんなところでしょうか。

スペーシアでドライブをして長距離を走っていた時期もありましたが、その時の燃費が

スペーシア実燃費

20前半くらいの燃費なんで、カタログ燃費くらいの伸びを想像していたらえらいことになります。

カタログ燃費実燃費
プリウスPHV
(HVモード)
31.6km/ℓ24km/ℓ~28km/ℓ
スペーシア32.0km/ℓ15km/ℓ~22km/ℓ

こんなところでしょうか。

同じくらいのカタログ燃費で、同じ人間が運転してこれだけの実燃費の違いが出ます。カタログ燃費てなんなんでしょうかね。

まとめ

色々文句も書きましたが、Sエネチャージはよくできたシステムです。実燃費の比較でいったら

車種実燃費
スペーシア(スズキ)19.4km/ℓ
タント(ダイハツ)16.5km/ℓ
N・BOX(ホンダ)16.25km/ℓ

※実燃費ランキングより

ライバル車に対して大きな差を付けています。

10万キロ走行したとすると、ガソリン代の差額は約11万円くらいになります。走行距離が多い人はスペーシアを選ぶ価値があると思いますし、逆に走行距離が少ない人は、タントやNBOXの長所を見て購入しても金銭的にはそんなに差はないと思います。(レギュラー125円計算)

でも、ガソリン代が上がってくればガソリン代の差額は当然開きますし、そうなってくると家計に与える影響は大きいです。

うーん、悩ましいところですね。

それではまた。