スマートキーにも色々な種類があるよ!僕みたいに買ってからの後悔をしないように!



我が家には、車が2台あるよね。
そうだな、プリウスPHVとスペーシアがあるね。
2台とも運転するわけだけど、運転してて「イラッ!」とくることが少しあるから説明していきたいんだ。

スペーシアのドアの開閉方法(ボタン式)

スペーシア

スペーシアのドアノブにはボタンがあります。(前のドアも後のドアも)

鍵を持っている人がこのボタンを押すことにより、

スペーシア

ドアの施錠や解錠ができます。

プリウスPHVのドアの開閉方法(接触式)

スペーシア

ドアノブには何もありませんが、

スペーシア

鍵を持っている人が手をかけるとドアが開きます。

ドアを施錠する時は、写真の赤丸の部分に




指を当てると施錠されます。

スペーシアが「ボタン式」、プリウスPHVが「接触式」といった所でしょうか。

私は断然「接触式」!ボタン式は開閉にひと手間かかる感じ。
僕は、「ボタン式」をお勧めするかな。「接触式」は反応しないことがたまにあるからね。

実際に解錠よりも、施錠の時に反応しないことが多いよ。

この「接触式」は結構反応しないことが多くて、ストレスがたまります。プリウスの前の車がヴィッツで同じく「接触式」だったんですが、解錠は反応するんですが施錠が全然反応しないのでイライラしていました。

技術の進歩により、プリウスPHV(30系)はまだ反応がいいんですが、やっぱり解錠より、施錠が反応しなくてイライラします。

「ボタン式」はスイッチを物理的に押す方法なので、「接触式」に比べて確実な開閉ができます。

しかし、「ボタン式」の場合は機械のスイッチ部品があるので、何度も押すことによりスイッチが経年劣化で壊れるなんてことが起こりそうです。

子育て家族は後部座席のドアにも、スマートキーに反応するドアノブがあるか確認しておきましょう。

子供をチャイルドシートに載せて運転席に行くことになるので、初めに触るドアノブが後部座席のドアになりますからね。

長所と短所があるんだね。
長所短所
ボタン式
(スペーシア)
確実に開閉できるボタンを押すという作業が必要
接触式
(プリウス)
開閉が楽反応しなくてイライラすることがある。

まとめるとこんな感じですね。

エンジンスタートボタンの違い

スペーシア

プリウスPHV(30系)のエンジンスタートのボタンはハンドルの左側にあります。(現行プリウスPHVのボタンは右側)

スタートボタンがハンドルの左側にある車に乗る時は、慣れるまで物凄いストレスを味わいます。

スペーシア

これは、スペーシアのエンジンスタートのボタンなんですが、右側に付いています。だいたいの車は右側についていますので、左にボタンがあると初め迷います。

左側にあるのは、デメリット以外の何物でもないね。
そうだね。だから新型は右側になったのかもしれないね。

まとめ

一言にスマートキーと言っても、メーカーや車種などによって操作方法が若干違ってきます。

自分がどのタイプがいいのか、見極めて後で「しまった!」なんてことにならないようにしたいですね。小さいことですが、毎日乗る車ですとストレスの元になりますからね。

それではまた。