岡山県の国宝「吉備津神社」でお参りしてきたよ。




吉備津神社本殿

吉備津神社

岡山市にある「吉備津神社」にやってきました。

岡山に来た目的は「あさくま」ですが、それだけで帰るのはもったいないので岡山県の国宝にお参りに来ました。この吉備津神社の本殿は国宝に指定されており、数多く観光客がやってきます。

岡山県の国宝の建物は「吉備津神社本殿」と「旧閑谷学校 講堂」のみになっています。

その一つにやってきました。

吉備津神社本殿

駐車場の広さは十分あり、土曜日でしたが駐車できました。

吉備津神社本殿

本殿に行く方法は2つあります。

「廻廊」を渡って本殿に行く方法と。

「北随神門」を通り本殿に行く方法です。

この「廻廊」も「北随神門」も吉備津神社の見所なので、廻廊から本殿に行き、北随神門を通り帰ってくるコースを選択します。

廻廊

吉備津神社本殿

駐車場から廻廊に向かって歩いて行きます。

現在(2017年8月)、廻廊の方では工事が行われていますね。

吉備津神社本殿

こちらを通らないといけないのかな?

吉備津神社本殿

こちらが廻廊になります。廻廊は大正7年に再建して、全長360mにもおよびます。自然の地形そのままに、作られているみたいですね。

吉備津神社本殿

この廻廊結構急なんですよ。

太郎!本殿はまだか。
もう少しだよ、頑張って

吉備津神社

吉備津神社の本殿にやってきました。

先に手を洗わないといけません。

吉備津神社本殿

手水舎は「いちょう神木」の近くにあります。「いちょう神木」は樹齢約600年です。しまった!写真撮り忘れた。

吉備津神社本殿 吉備津神社本殿

物凄い綺麗な日本庭園が広がっています。

吉備津神社本殿

池がありますね。

吉備津神社本殿

鯉が泳いでいます。綺麗ですね。


国宝「吉備津神社本殿・拝殿」

吉備津神社本殿 吉備津神社本殿

これが国宝「吉備津神社本殿・拝殿」になります。室町時代応永32年(1425年)再建されて、全国唯一の様式から「吉備津造」と称されています。

吉備津神社本殿

色々な角度から見てみます。(光が逆光なのがくやしい)

吉備津神社本殿

この本殿はとにかく美しい。

屋根が見所です。

吉備津神社本殿

こんな綺麗な屋根が室町時代に作られたなんて、昔の職人の腕はすごかったんですね。建築機械なんて無い時代に、よく作ったもんです。

吉備津神社本殿

よく見てみると「桃太郎」を連想させる屋根ですね。吉備津神社は鬼退治で有名な「桃太郎」の発祥の地で有名な場所です。屋根にすごい歴史と、美しさを感じることができます。

北随神門

北随神門経由で帰ります。

吉備津神社本殿 吉備津神社本殿

これが「北随神門」です。

吉備津神社本殿

国の重要文化財ですね。

吉備津神社本殿 吉備津神社本殿

北随神門経由で来た場合には、入口に手水舎があります。

吉備津神社には、

「一童社」・・・・学問・芸能の神様

「えびす宮」・・・商売繁盛・家業繁栄の神様

「宇賀神社」・・・商売の神様(吉備国最古の吉備神が祀られている)

「本宮社」・・・安産・育児の神様

など様々な神社がありますが、時間の関係ですべてお参りすることはできませんでした。岡山は近いのですぐ来れますし、吉備津神社は市街地からとても近い所に建っています。

またの機会にお参りします。

それではまた。