屋島まで来たなら行っておきたい名所!「源平の里むれ」の「はまちづけ丼」を堪能したよ



源平の里むれ

道の駅「源平の里むれ」にやってきました。

源平の里むれ

「源平の里むれ」には「はまちのづけ丼」で有名な「海鮮食堂じゃこや」があります。

 

源平の里むれ

駐車場から入ってすぐに情報ステーションがあります。

源平の里むれ 源平の里むれ

道の駅のオリジナルキャラクターが、決定したみたいですね。名前は「ムレさん」と言うみたいです。

海鮮食堂:じゃこや

源平の里むれ

お目当ての海鮮丼は、駐車場からまっすぐ行った「物産館」の中にあります。

源平の里むれ 源平の里むれ

「じゃこや」はセルフ方式で小鉢などを取っていき、丼ものはレジで注文するスタイル。

14:00前くらいに行ったら、小鉢が少なかった。ここは、開店当初から結構人が並ぶので、早めの行動をお勧めします。
源平の里むれ 源平の里むれ

本日の小鉢はこちら、「なすの味噌煮」と「ひじきの煮物」です。

小鉢は一個100円~で結構種類があります。おススメは瀬戸内海の海の幸を使った小鉢なんだけど、本日は売り切れちゃってなかったくやしー。
源平の里むれ

本日のメインイベント「ハマチづけ丼」です。

「じゃこや」の一番人気です。

源平の里むれ

見て下さい。このハマチ身がぷりぷりです。

大盛りを注文するとは、やっぱり太郎さんは「讃岐男子」だね
ここの「ハマチのづけ丼」はしっかりご飯にタレが染み込んでて、最後までしっかり美味しい。ご飯と小鉢との相性もGOOD

この「ハマチのづけ丼」のお値段はビックリするほどお安く

源平の里むれ

大盛りでも770円(税別)になっています。

色々な味を楽しみたい人は、小盛りを選んで、小鉢の個数を増やすのもおススメ。結構頼んでも、1人1,000円くらいの予算でお腹いっぱいになっちゃう。
源平の里むれ
いつかこの天丼を食べてやる。

[ 海鮮食堂 じゃこや ]

平日11:00~14:00
土・日・祝11:00~15:00
定休日第1、第3火曜(祝日の場合は翌日)



物産館

源平の里むれ

物産館では香川県のお土産物がズラリ。

源平の里むれ 源平の里むれ
七福神の鬼瓦とは、いいセンスしてるね。
源平の里むれ

物産館の中に「源平やさい市」があり、県内の野菜が売られています。

道の駅で売っている野菜はスーパーの野菜より、安くて新鮮だったりするから非常に助かるわ。

大山牧場のジャージーソフトクリーム

源平の里むれ

づけ丼大盛りを食って、腹が少し苦しいのにこんなものを見てしまった。

太郎さんいっときなよ、ここの「大山牧場のソフトクリーム」は美味しくて、有名なんだぜ。しかも、香川県の名産「和三盆」を使った、コーンなんだ。ここでしか、食べられないんだぜ。
源平の里むれ

そうなんです。「和三盆ワッフルコーン」の上に、「大山牧場のソフトクリーム」が乗ったとなると美味しくないわけがありません。

源平の里むれ
私はソフトクリームの、バニラを選択しました。このバニラは、とても濃い。今まで食べたバニラの中で一番味が濃厚だった。おい太郎、写真の焦点が合ってないじゃないか
源平の里むれ
チョコレートよりバニラの方が私は好きかな。
バニラもう一口ちょうだい
いやですよ~♪

残念ながら、ワッフルコーンは売り切れでしたが、とても美味しいソフトクリームを頂けました。

小さいサイズ大きいサイズ和三盆ワッフル
ジャージーミルク250円350円400円
チョコ350円550円500円
ミックス300円450円450円

※写真は小さいサイズです

琴電車両の展示

この道の駅は、琴電の車両が展示されています。

源平の里むれ 源平の里むれ
このレトロな雰囲気たまんないね
琴電は古い車両が走っていることが全国的に有名になって、鉄道ファンが押し寄せて来てるんだよ。古い車両を修理する技術が、すごいんだ。
レトロ車両の特別運行では大正14年の車両も走るんだってよ。
源平の里むれ
この琴電車両の隣の駐車場は、夜間閉鎖しますので注意して下さい。
源平の里むれ 源平の里むれ

房前公園

源平の里むれ

「物産館」の裏側は公園になっていて、子供連れでにぎわっています。

源平の里むれ

遊具もしっかりありますしね。

源平の里むれ 源平の里むれ

瀬戸内の景色が一望できます。

源平の里むれ
こんな綺麗な海で取れた魚が、美味しくないわけない。香川に来たら、「うどん」ばかりじゃなく魚も堪能してよ。

それではまた。