プリウスPHVを購入して我が家の電気代はどうなったのか?




6月の発電量を報告します

発電量は 679.5 KWh

売電 479.6 Kwh

買電 374.1 Kwh

消費 574.1 kwh

になりました。

電気料金の期間は 5月18日~6月15日までが対象で、

請求金額 6477円(使用量 311kWh)

売電金額 24108円(売電量574KWh 42円買取)

になりました。

プリウスのPHVが納車されたのが6月4日ですので、11日間充電したことになりますが、ほぼ電気代は変わりません。

6月前半の発電量が多かったので発電された電気が消費に回ったことと、深夜電力でフル充電しても50円くらい
(初代プリウスPHVの電池容量は4.4KWh)しかかからないことが電気料金があまり変わらない原因でしょうね。

11日間で550円くらいなので料金があまり変わらないのは当然と言えば当然です。

来月の電気料金は1カ月間毎日充電された電気料金の請求が来ますが、1500円くらいの電気料金の上昇でおさまると思います。

1充電20Kmくらい走行するので

20Km × 30日 = 600km

1500円 ÷ 600km = 2.5円

1キロ当たりの走行コストは 2.5円になります。

我が家では2台でだいたい一ヶ月で1200Kmくらい走行します。

プリウスPHV(1000Km)、スペーシア(200Km)とすると

プリウスPHVの走行コスト

ガソリンコスト
(HB走行時25km/ℓ レギュラー130円とすると)

1000Km - 600km = 400km

400km ÷ 25km × 130円 = 2080円

プリウスPHV総合コスト(1000Km走行時)

1500円 + 2080円 = 3580円

スペーシアガソリンコスト
(リッター 20km/ℓ レギュラー130円)

200km ÷ 20km/ℓ × 130円 = 1300円

トータル総合コスト

3580円 +1300円 = 4880円

くらいに収まりそうです。

ガソリン自動車(リッター20km/ℓ)で1200km走行するコストを考えると、

1200km ÷ 20km/ℓ × 130円 =7800円

ですので月々約3000円燃料コストが抑えられます。

年間36000円ですね。

今年の六月は雨が少なく、晴れの日が多かったので売電金額が例年に比べて高かったのはいいのですが水不足が心配です。

早明浦ダムの貯水率も現在(2017年6月30日)時点で58.7%と、平年貯水率87.3%と比べて低いです。

平成17年度の渇水時に比べればまだましですが、今後の貯水率が心配です。

http://damnet.or.jp/cgi-bin/binranB/TPage.cgi?id=213

本日はこれで



コメントを残す