新型プリウスと初代プリウスの充電プランを比較計算してみた

 

初代プリウスPHVと新型プリウスPHVでは充電サポートプランが違います。

その違いについて説明していきます。

PHV Drive Support

 

初代プリウスPHVが入れるプランはPHV Drive Supportと呼ばれるプランで有料プランと無料プランがあります。

無料プラン

G-stationが設置されているトヨタ販売店にて、充電を無料で提供してくれます。

一回一時間の充電が無料でできます。

有料プラン

トヨタ販売店以外の商業施設や宿泊施設なので充電できます。

オプション料金は 月額324/月(税抜き300円/月)

充電器利用料 1.62円/分

1時間の充電でどのくらいの走行ができるんでしょうか?

普通充電は200V/16A ですので、1時間充電すると

200V × 16A × 1h = 3.2Kwhになります。

初代プリウスは 4.4 Kwh の電池を積んでいますので

3.2 Kwh ÷ 4.4kwh × 100 = 約73%

フル充電で23Kmくらい走行するので

23 Km × 0.73 = 約 17 Km 走ります。

1時間の充電では

1.62円 × 60分 = 約 97円 かかります。

レギュラー 130円で燃費換算すると

17 Km × 130円 ÷ 97 円 = 約23km

となります。

ハイブリッドモードと同じか少し落ちるくらいのコストです。

これなら、ショッピングセンターで駐車場が満車の時にEVの充電駐車場に停めて買い物をするなんてことが出来ちゃいそうです。

新型プリウスPHVのプラン

 

新型プリウスPHVのプランは定額プランと従量プランがあります。

プラン基本料金普通充電急速充電
定額プラン1080円利用し放題16.2円/分
従量プランなし2.7円/分16.2円/分

 

新型プリウスPHVは急速充電が使えますので、急速充電使用時のプランもあります。

急速充電で充電した場合、約20分で80%充電です。

新型プリウスPHVのEV走行可能距離をフル充電で55Kmとすると

55km × 0.8 = 44 km

走行できることになります。

急速充電のコストが

20分 × 16.2 円/分 = 324円 ですので

レギュラーガソリン(130円)でどのくらい走るかを換算すると

44Km × (130円 ÷ 324円)= 17.6 Km

17.6 Km/ℓ の車を走らせているのと同じ計算になります。

新型プリウスのハイブリッド燃費は37.2 km/ℓなので、急速充電を使用する意味がわからなくなります。

普通充電でも 2.7円/分 ですので

レギュラー換算(130円)すると、ガソリン自動車で 13.8Km/ℓの車を走らせているのと同じコストがかかります。

では定額プラン1080円の場合はどうなのか?

普通充電は使いたい放題です。

1080円 ÷ 2.7円/分 = 400分

約7時間充電すれば元が取れそうです。

しかし、ハイブリッドモードの 約 30Km/ℓ 以上得しようと考えると、

30Km/ℓ÷13.8 km/ℓ × 400分 = 870分

約15時間以上充電してハイブリッドモード以上に電気で走り得をする計算になります。

新しいプリウスPHVの充電プランは合同会社日本充電サービスが絡んでいます。

この会社は国内自動車メーカー4社で設立した会社で、充電ネットワークの拡充を推進する会社みたいです。

ですから、上記のべらぼうに高い充電金額でもプリウスではなくアウトランダーやリーフが対象になってくると話は変わってきます。

アウトランダーはハイブリッドモードでは燃費はすこぶる落ちますし、リーフなんて電欠になって走りませんからね。

しかし、ややこしいのは三菱には三菱の日産には日産のサポートカードがあり充電金額が違います。

統一してくれないとややこしいんですが、合同会社とはいえ価格の統一にまでは至っていません。

何はともあれ、初代も新型も外部充電をして金銭的なメリットはあまりないかなと思います。

レギュラーの価格が跳ね上がったら話は違ってきますけどね。

本日はこれで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す