吉野家の優待で牛スタミナ定食 牛丼3社を比較してみた





昨日吉野家の優待を使って定食を食べに行きました。

吉野家優待券

豚スタミナ定食を選択。

吉野家優待券

ニンニクの匂いがたまりません。

吉野家の優待券の使い勝手

 

牛丼各社の優待券の使い勝手を書いてみます。

吉野家優待券

優待券 一冊は3000円相当(1枚300円×10枚)年2回、
複数枚使用OK、その他の割引券とも併用可能おつりは出ない
株価を買いたせばもらえる優待券は増えるが、利回りは100株が一番良い100株での優待利回り 3.3%(2017年5月8日現在)

 

吉野家優待券

 

100株~300株未満:1000円しか優待が出ない(年2回)、
株主優待はその他クーポン券とは併用不可、おつりは出ない
株価を買いたせばもらえる優待券は増えるが、利回りは100株が一番良い100株での優待利回り 1.05%(2017年5月8日現在)

 

吉野家優待券

100株以上:年1回しか出ない
金券ではなく自分の好きな物を注文できる優待食事券

10枚(マクドと同じシステム)、株価を買い増しても優待券は増えない
100株での優待利回り 1.4%

(食事を1食630円で計算 2017年5月8日現在)

 

3大牛丼屋を比較してみました。吉野家が一番優待利回りが高く使い勝手がいいですね。松屋の食事券も魅力ですが、優待利回りが少し低いし株価が高いですね。ゼンショーはワンオペ問題で叩かれましたしね。

 

昨日の会計はとっても悔しい思いをした

 

悔しいことに昨日の会計は1190円でした。

 

吉野家優待券

 

優待券4枚使って10円分優待を損するか、3枚使って290円を払うかでかなり悩みました。出した結論が、優待券を4枚使って10円分優待を損するでした。悩んだ末出した結論ですが、たぶんどっちでも悔し思いをしたことには変わりありません。




 

 

 

 

 

コメントを残す