ANAの株だけは買わない絶対的理由





ANA株主優待

 

両親からANAの優待券を頂いたのでANAについて書いてみます。

優待券を頂いておいてなんですが、小生はANAが大嫌いなんです。

株主優待族の小生も昔はANAの株を結構買っていたんですが、幾度となく煮え湯を飲まされたので購入対象から外れています。

 

ANAの歴史は増資の歴史である

 

ANAの歴史は2006年、2009年に、2012年に増資を発表しています。

増資は既存の株主には損でしかありません。

増資した資金を使用して経営を安定し利益を得られれば必ず株価は回復するなんて言っていますが、株価が回復する保証はありません。

ただただ市場に大量の株式が投入され既存の株主がどれだけ損をすることか。

しかも、株価が下落トレンドに入るので立派な塩漬け株が誕生します。

 

優待券の価値がどんどん下がっている

 

これも増資と関係があるんですが、増資をすることによって株の保有者が増加して優待券の価値がどんどん下がるんです。

10年ほど前はANAの優待券は約7000円くらいの値段が付いていた記憶がありますが、現在では3000円くらいです。

半値以下になってしましました。

これも株主が増え市場に大量の優待券が投入されたため価値が目減りしたのが原因だと思われます。

ANAの株を進めたり、ANAの株主優待は何%なんて記事を良く目にしますがなにを言っているんだて感じですよね。

俺はANAの優待を使用するんだ、実質利回りは変わっていないと言った人はお好きにしてください。

それ自体は否定はしませんが、金券ショップでわざわざ安く買える物を手に入れるために、増資を繰り返している企業に投資をするなんて行為にどうしても魅力を感じることが小生にできないだけですから。

 

おわりに

 

優待投資をして何年でも同じ株を保有しておくつもりの人は最低でも20年スパンでチャートを見ておいた方がいいかもしれません。

SBI証券は30年スパンのチャートが見れます。ANAは2006年の山をいまだに超えられていません。

同じ優待銘柄を保有するするのでも右肩下がりの銘柄を保有するより、右肩上がりの銘柄を保有した方がいいに決まってますよね。

でもどうしても俺はANAが欲しいだという人は原油価格に注意してください。

ANAは原油価格と反対の動きをする特徴を持っています。(絶対とは言えませんが。)

原油が下がると航空会社の運用コストが下がるため、航空会社に買い注文が入るからです。

優待投資も注意しましょう。

投資は自己責任で。




 

 

 

 

 

 

 

 

 

株式分割発表 イデアインターナショナル(JQ 3140)今後の株価を予想してみた





申し訳ありません。以前、イデアイ(JQ 3140)の利益が4万円の利益を超えたくらいで利益を確定しようかなんてブログに書いてしまいましたが、売れない理由ができました。

イデアイ株式分割を発表

イデアイさんが株式分割を発表しました。流動性を高める目的で、現在10万円程度の株価を5万程度まで下げる株式分割を行うみたいです。

この発表からイデアイさんはストップ高で値段が付かず、かなりの買い注文を残し取引が終了した状態です。

株主優待の一部変更で100株以上200株未満の株主は商品6000円相当から9000円相当に株主優待が拡充されるみたいです。

今後の株価動向は?

株式分割後の優待と現在の優待を比較してみる

保有株数変更前 (分割前)変更後 (分割後)
100株6000円相当9000円相当
200株18000円相当18000円相当
400株24000円相当24000円相当
600株30000円相当30000円相当
1000株36000円相当36000円相当

現在100株保有者は分割後18000円相当の優待品を受け取る権利が発生するので、現在の優待利回りは

18000円 ÷ 140000円 × 100 = 約13%

になります。

優待利回りが10%ですと株価は

18000円 × (100 / 10) = 180000円

優待利回りが5%ですと株価は

18000円 ×(100 / 5 )= 360000円

になります

5%までいったら個人的には万々歳ですけどね。

 

分割後の株価には少し注意が必要

いいニュースばかり取りざたされていますが、分割後の株価の動きには注意が必要です。

私は現在200株保有していますが、株式分割後400株になります。
400株ですと優待利回りが下がります。

優待利回りが一番高いのが200株単位ですから、かなりの個人投資家が200株単位で現在保有していることが推測されます

株式分割後、分割分の200株を売却する動きがかなり発生することが予想されます。

200株が400株になったところで、24000円相当の商品しか頂けません。

200株~400株の株主優待分は6000円ですので優待利回りに換算すると

6000円 ÷ 140000円 × 100 = 約4.3%

たかだか 4.3%程度の優待商品がもらえるのみなので、200株へ向けて売り注文が増えてもおかしくない動きだと言えます。

売り時はいつなのか?

イデアイ側も株主分割によってかなりの売り注文が発生することは予想済みだと思います。

それゆえ、100株単位の株主優待を9000円相当分に拡充したんだと思います。

分割後、売り注文が多発しても値段が下がったところに優待目的の買注文が必ず発生しますからね。

優待利回りが7%~8%(株価で言ったら26万位)になった時に分割前に100株だけ売ってしまうのも手かもしれません。

現在はお祭り騒ぎで結構上がっている気配がありますので、その上昇気流に乗じて売り注文を出す作戦です。

分割後はしばらく株価は乱高下すると思いますが、優待銘柄の売り時は権利付き最終日付近と決まっています。

イデアイの権利付き最終日は6月27日ですのでその付近で残りの売り注文を出していきたいと思います。

さてこの予想は当たるか外れるか、本日はこれで。




 

優待大改悪のヴィア・HD(東証1 7918) どうなる今後の株価





あの優待銘柄で有名な(株)ヴィア・ホールディング(7918)の優待が大改悪です。

 変更前変更後
株主優待の内容利用制限なし会計1000円毎に500円割引
株主優待金額

(100株保有の場合)

2500円相当

(半期)× 2回

5000円相当

(半期)× 2回

有効期限1年間半年

 

以前は会計ですべて使用できていた優待券が、1000円毎に500円割引になるなどの使用制限ができ、使い勝手が格段に悪くなりました。

今後の株価はどうなるのか

株主優待の内容変更が魅力的だと思う人が増えるか減るかだと思います。
ヴィレッジバンガードの時は明らかに激改悪だったので、株価は20%下落しました。

(ヴィレバンの優待は利用制限なしの優待券が2000円ごとに1000円の使用可能制限が付き優待券の金額も増えませんでした。)

今回は使用制限が付きましたが、使用できる金額が増えているなど一見すると良くなっていると見ることもできます。

同じ焼鳥屋で居酒屋を経営しているマルシェと比較してみます。

(権利付き 3月・9月)
優待券および株主優待品を贈呈(1回の贈呈枚数)100株以上 3000円(1000円券 3枚)の優待券※優待券は飲食一回につき一枚使用可能

マルシェの場合は飲食一回に付き一枚可能ですので実質1000円引きです。マルシェに比べるとまだ株主優待の優位差があります。

マルシェの株価は現在828円(100株単位)ですので、株主優待だけで比較するとマルシェの株価までは下がらないと言えます。

そもそもヴァイアHDの株価なんて優待だけで株価を維持しているもんなんです。

PER 114.9 PBR 4.66 と超割高銘柄です。

そんな銘柄が優待変更をしたんですから今後の株価の乱高下が予想されます。

 

東証一部に上場すると優待は改悪されやすい

優待銘柄は東証一部に上場すると改悪されやすい特性を持っています。
企業にとって東証一部は一つの目指すべきゴールなので、優待で投資家を募り目的を果たすと優待を改悪をする企業はゴロゴロあります。

優待銘柄が東証一部に上場した時は株価の買い時ではなく売り時なのかもしれません。




 

 

 

 

 

吉野家の優待で牛スタミナ定食 牛丼3社を比較してみた





昨日吉野家の優待を使って定食を食べに行きました。

吉野家優待券

豚スタミナ定食を選択。

吉野家優待券

ニンニクの匂いがたまりません。

吉野家の優待券の使い勝手

 

牛丼各社の優待券の使い勝手を書いてみます。

吉野家優待券

優待券 一冊は3000円相当(1枚300円×10枚)年2回、
複数枚使用OK、その他の割引券とも併用可能おつりは出ない
株価を買いたせばもらえる優待券は増えるが、利回りは100株が一番良い100株での優待利回り 3.3%(2017年5月8日現在)

 

吉野家優待券

 

100株~300株未満:1000円しか優待が出ない(年2回)、
株主優待はその他クーポン券とは併用不可、おつりは出ない
株価を買いたせばもらえる優待券は増えるが、利回りは100株が一番良い100株での優待利回り 1.05%(2017年5月8日現在)

 

吉野家優待券

100株以上:年1回しか出ない
金券ではなく自分の好きな物を注文できる優待食事券

10枚(マクドと同じシステム)、株価を買い増しても優待券は増えない
100株での優待利回り 1.4%

(食事を1食630円で計算 2017年5月8日現在)

 

3大牛丼屋を比較してみました。吉野家が一番優待利回りが高く使い勝手がいいですね。松屋の食事券も魅力ですが、優待利回りが少し低いし株価が高いですね。ゼンショーはワンオペ問題で叩かれましたしね。

 

昨日の会計はとっても悔しい思いをした

 

悔しいことに昨日の会計は1190円でした。

 

吉野家優待券

 

優待券4枚使って10円分優待を損するか、3枚使って290円を払うかでかなり悩みました。出した結論が、優待券を4枚使って10円分優待を損するでした。悩んだ末出した結論ですが、たぶんどっちでも悔し思いをしたことには変わりありません。




 

 

 

 

 

初心者にお勧め吉野家ホールディングの優待到着




待ちに待った吉野家の優待が遂に来た

 

待ちに待った吉野家の優待が遂に来ました

吉野家優待

吉野屋(東証1部 9861)は優待族にはあまりにも有名な銘柄です。利益確定月は2月8月で、今回は2月の確定月の分が届いたことになります。(2017年5月6日現在)優待内容は持ち株により変わり

 

吉野家ホールディングで使える1枚300円の無料券(×年2回)
100株・・・10枚(3000円分)
1000株・・20枚(6000円分)
2000株・・40枚(12000円分)

 

以上のようになっています。100株単位での所有が一番優待利回りが良く、優待利回りは

6000円 ÷ 18万1300円 × 100 = 3.3%

配当金が年間2000円出ているので、優待券と合わせた投資利回りは

8000円 ÷ 18万1300円 × 100 = 4.4%

になっています。

 

吉野家の業績はどうなのか

 

吉野家の業績を見てみます。

決算期2014/22015/22016/22017/2
売上高173,418180,032185,738188,623
営業利益2,1793,5151,6131,865
経常利益3,2703,9932,3452,750
当期利益6989418371,248

(単位:百万円)

2013年の最悪期(当期利益 -3億6400万円)は脱して、黒字経営が続いています。牛すき鍋膳や女性向け牛丼などの新メニューを投入して、他の牛丼屋との差別化を図ろうとしています。

 

吉野家の株は株初心者には優しい投資先と言われる理由

吉野家優待

 

吉野家は株初心者には優し投資先であると言われています。その絶対的理由が優待にあります。
優待目的で購入するのは個人投資家が大半であり、長期保有前提で購入します。
同じ優待銘柄のマクドナルドは、異物混入事件の時に大赤字を出しましたが、株価はあまり下がりませんでした。(2015年マクドナルド異物混入事件)

吉野家も個人(その他)の名義割合が71.8%もありますので、同じことが言えます。
優待銘柄は日経平均の下落に強いと言われる由縁でもあります。
何より、株取り引き初心者は毎日の値動きに右往左往しがちですが、優待利回りの高い銘柄だと持っていて安心感があります。

(優待が来るからまあいいかなんて一種の開き直り感が出ます)
こういったことが初心者に優しい銘柄であると言われる由縁だと思います。



驚異の優待利回り49% モーニングスターの優待を使ってみた




モーニングスターとは

モーニングスター(JQ 4765)は投資信託データ販売と投信運用、Web広告の会社で、株式新聞と中国情報のサーチナを保有しています。

現在の株価は (2017/5/1) 323円 PER23.9 PBR2.9

と少し割高銘柄に感じられますが、

決算期2014/32015/32016/32017/4
売上高3,9204,1904,6694,790
営業利益1,0191,1481,4061,560
経常利益1,1071,1591,4061,618
一株配当4.25.57.08.5

(単位 百万円)

右肩上がりの成長ですので、来期の業績を織り込んでの株価になっているのかもしれません。100株単位~買えるので最小投資額は32300円になっています。

 

モーニングスターは優待がすごい 

 

モーニングスターの特徴として優待がすごいという特徴があります。
その驚くべき優待内容について見てみましょう。

日刊「株式新聞WEB版」無料クーポン

100株・・3カ月分(12960円)
400株・・6カ月分(25920円)
700株・・9カ月分(38880円
1000株分・12ヵ月(51840円)

健康補助食品「アラプラス」無料引き換え申し込み券

100株・・・1個分(2980円相当)

健康補助食品または化粧品の割引

100株・・・50%割引き

 

以上のようになっています。健康補助食品が入っているのは、モーニングスターの親会社のSBIホールディングの子会社であるSBIアラプロモの提供によるもの(グループ会社ですね)。

100株当たりで優待利回りは

32300円÷(12960円+2980円)=49.3%

と脅威の優待利回りになります。

 

実際にモーニングスターの株式新聞WEBを見てみる

実際にモーニングスターの株主新聞WEB(無料版)を見てみましょう

モーニングスター優待

無料版でもかなり充実した内容になっています。有料会員は上記のログインページでログインする必要があります。

モーニングスター優待

ログインページが表示されます。

モーニングスター優待

株主優待の案内と一緒に送られてきた、クーポン番号とパスワードを入力します。有料版ページにログインできます。



株価下落まっしぐらのクックパット プレミアム会員を使った感想





クックパッド(東証1部2193)がなかなか上昇気流に乗れていません。

お家騒動のごたごたで、投資家から見放され一時期は3000

円を超えようかとしてた株価が現在887円です。

下落トレンド真っ最中のクックパッドですが、今回はクック

パッドの株主優待券プレミアムサービス利用一年間無料クーポ

ンが手に入ったので使ってみた感想を述べてみます。

プレミアム機能一覧になります。

プレミアム会員登録すると上記の機能が使用可能になります。

例えば、専門家レシピを選ぶと各種用途に合わせた項目が表示

されます。

美容ダイエットだったり、働くママ(時短レシピ)だったりと

用途ごとに分かれています。

ここで働くママを選択

働くママを選択して、作業時間10分でおもてなしレシピを選

択するとメニューが出てきます。その他に作業時間5分などの

色々な選択項目があり用途に合わせて使い分けすることができ

るようになっています。





プレミアム献立のページを選択してみます。プレミアム献立も

管理栄養士が監修していて太らない、スピードなど必要に応じ

た項目を選択するとレシピが出てきます。

一日一日レシピが更新していきますので、レシピで迷わないで

いいかもしれませんね。

料理をしていると、食材が余っていくので余った食材を使って

料理をするなんて項目があって自動的にその料理のページに飛

んでいく項目があればもっと便利かもしれません。

検索機能も充実しています。料理時間で検索できたり、フリー

会員には無い便利さが盛り込まれています。

最近クックパットを使っていなかったので知らなかったんです

が、動画の配信サービスも始めたんですね。

これも、ユーチューブで料理動画が配信されるようになった危

機感からなんでしょうか?

クックパットサービスを使ってみた感想としては、時間をお金

で買う感覚といった所でしょうか。

確かに、普通に料理をする分にはプレミアム会員でなくても十

分にレシピは検索できます。

しかし、項目別選択は非常に便利であり検索の手間

(検索に約10分と考えると30日で300分=約6時間)

を考えると使用してみる価値があるんじゃないかと思います。

しかし、日本人はお金で時間とサービスを買う感覚がまだ欧米

に比べて希薄です。そこそこ共に年収のある夫婦が旦那のワイ

シャツを毎日アイロンをかけていたりします。

時給換算すると時給2000円近い正社員の妻が時給600円

くらいのアイロンがけの仕事を毎日やる。

いびつな社会構造ですが、これが普通だったりします。

もう少し、自分の今の社会的時給とサービスに対する費用対効

果をうまく考える人が増えてくればプレミアム会員も伸びてい

るかもしれません。



優待族は絶対に抑えておくべき最強銘柄イオン





イオンの株主ご優待返金引換証が来ました。

2016年9月1日~2017年2月28日まで買い物した金額の3%(100株単位)がキャッシュバックされます。

引換証に印鑑を押し、サービスカウンターに行ってオーナーズカード提示でお金が返ってきます。

イオンのキャッシュバック率はすごい 

100株・・・・3%キャッシュバック

500株・・・・4%キャッシュバック

1000株・・・5%キャッシュバック

3000株・・・7%キャッシュバック

の変換率になっています。

キャッシュバック率が決まっていて、半年間で100万円までの買い物に対してのキャッシュバックになっていますので、

上限は保有株に応じて3万~7万円のキャッシュバックになっています。

小生は100株単位で保有していますので3%のキャッシュバック率になっています。

この優待キャッシュバックは、WAONとの併用が可能です。

オーナーズカードを提示してその後WAONで支払いをすると

WAONポイントも付きます。

毎月20・30日のお客様感謝デーにはさらに5%offの特典がある

一家に一名義は持っておきたいイオンの優待です。

さて、そのイオンの株主優待で小生の家でのキャッシュバック金額は

15591円になります。

結構買い物しています、やっぱり食料品を結構イオンで買うのでそれが

でかいかな。この返金が4月~返金受取期間です。

4月は家の固定資産税、5月になると車の税金と何かとお金が必要な

時期ですのでこういった臨時収入はとても助かります。

イオンの優待は他にも、イオンラウンジに入れる特典や保有株に応じてギフトカードをくれる特典もあらたにできました。

1000株・・・2000円分

2000株・・・4000円分

3000株・・・6000円分

5000株・・・7000円分

があり優待が充実してきました。

特にイオンラウンジはよくお世話になっています。(オーナーズカード提示で入れる)

イオン優待

イオンラウンジは部屋の中にソファーと椅子が置いてあって、

お菓子を頂けて、ジュースが飲み放題です。

昔はイオンラウンジはとても空いていて落ち着く空間だったん

ですが、イオンラウンジに入ることができる要件が緩和されて

(イオンゴールドカードも入れるうえ増資などによって株価が

下がり、株が買いやすくなった。)、少しありがたみが失せて

いますが、疲れた時に休める場所があるのはとても良いことだ

と思います。

でも、3%のキャッシュバックだけも投資利回りとしては結構

あるので、イオンの株は長期保有決定です。




東建コーポレーションからアタックきたよ





東建コーポレーションの優待が届きました。

東建コーポレーションは10株(約9万円)で

年2回ハートマークショップの優待割引券3000円が

頂けます。

株主優待特選商品として米油やアタックを選べれるよう

になっているのですが、小生の家ではいつもアタックを

選択しています。

我が家は東建の株主優待が来ているうちは、洗剤を購入

したことがありません。

夫婦2名義分持っていた時は米油なんかも注文していたん

ですが、2名義分で約18万の投資になってしまうので、

リスク分散の観点から1名義のみに変えました。

優待利回りも高く、優待族にとって重宝する株の一つです

[aside type=”warning”]
平成29年10月末の株主優待を最後に10株単位での株主優待は廃止されます。

[/aside]