充電ステーションを活用すればプリウスPHV(30系)の燃費はどこまで伸びるのか?




久しぶりの休日です。
ランチパスポートの使用期限(7月24日)が近づいてきました。

今回の目的地は仏生山にあるビッツです。

プリウスPHV燃費

充電は満タン

プリウスPHV燃費

エアコンはガンガンです。

プリウスPHV燃費

ビッツに到着しました。

なんとか電気だけで到着できました。

この時点で充電の電池は切れてしまいました。

プリウスPHV燃費

アメリカンクラッシックな店内

プリウスPHV燃費

ここのハンバーガーはとても食べ応えがあります。

プリウスPHV燃費

ポテトとプリウスPHV燃費

ドリンクが付いています。



トヨタ系ディーラで充電できるPHV Drive Supportのカードを使ってみた




PHV Drive Support

本日は、PHV Drive Support のカードを使ってディーラーで充電させてもらいます。

お邪魔したディーラはネッツトヨタ香川空港通り店です。

PHV Drive Support

CHARGING POINTの表示がありますね。

PHV Drive Support

これがトヨタ系ディーラの店舗に設置されている充電器になります。
(G-Station と言うみたいですね。)

画面をタッチしてIC CARDの所にDrive Supportのカードをかざせば充電が開始されます。

PHV Drive Support
充電中のマークがしっかり点灯していますね。



PHV Drive Support

PHV Drive Support の会員は1回1時間の充電を無料で利用できます。

充電が終わるまで店内でゆっくりします。

飲み物まで頂いて申し訳ない限りです。

このネッツトヨタ空港通り店は、雑誌や漫画を置いてくれているので、待つのが苦痛ではありません。

1時間は意外に長いですからね。

PHV Drive Support

充電が完了しました。

PHV Drive Support

EV走行可能距離が16.8Kmまで回復しています。

今回、ディーラーに持参したカードはPHV Drive Supportプラスのカードです。

本来であればディーラーで充電するだけならPHV Drive Supportのカードでこと足ります。

PHV Drive Support

PHV Drive Supportプラスの会員になれば両方のカードが頂けます。

プラスのカードは

この「チャージスルゾウ」マークの付いた普通充電器が使えます。

PHV Drive Supportプラスは月額会費324円/月かかるうえ、トヨタ販売店以外で充電する時には充電利用料が1.62円/分かかります。

http://toyota.jp/priusphv/drivesupport/pdsplus/

私が有料会員になったわけは、

後になって加入できなくなる可能性が高いので。

この一言に尽きると思います。

プリウスPHVの充電プランは、初代プリウスPHVと新型プリウスPHVで異なります。

初代プリウスPHVの充電プランの方が優遇されていますので、新規加入ができなる前に加入しておきたかったからです。

新規会員の募集は廃止になっても、既存の会員のプランはそのまま残ることが多いですからね。

それではまた。


電気自動車充電ステーションは店によっては無料で使用できるぞ




イオン綾川のEV充電コーナーを使用してみます。

EVステーション

電気自動車の充電ステーションはフラワーコートから裏口に出たところにあります。ちなみにEV QUICKは急速充電、EV 200Vは普通充電です。

リーフや新型プリウスPHVは急速充電に対応していますが、初代プリウスPHVは普通充電のみ対応になっています。

EVステーション

結構入口から近い所にありますので、駐車場が混み合っている時などは、充電ステーションに停車し、買い物をすると便利かもしれませんね。

EVステーション

充電ステーションです。

ケーブルが結構年季が入っています。

EVステーション

イオン綾川の充電ステーションは普通充電であれば、1回60分まで無料で充電できます。近場に停めさせて頂き、電気までもらって申し訳ない限りです。




この機械にワオンカードをかざすことにより、充電が開始されます。

EVステーション

急速充電器は一回300円必要です。

ちなみに、リーフは30分の急速充電で80%充電されるみたいです。

80%充電で100Km走行したとすると、1km当たりのコストは約3円くらいですね。しかし、リーフの急速充電は電池の寿命が短くなるため、おススメしません。

日産の説明書でも可能な限り普通充電をお勧めしますと書いているみたいです。

新型のプリウスのPHVの場合は、フル充電でもEV走行距離が68.2Kmですので、一回300円はガソリンよりも高いかもしれませんね。

新型プリウスPHVの場合普通充電にも対応していますので、普通充電で充電することをお勧めします。

EVステーション

充電が開始されると充電中のライトが点灯します。

EVステーション

充電が開始されます。
(充電プラグの横のマークが点灯しているのが充電されているサインです)

この状態で一時間買い物をしたり、ラウンジで休んだりします。

今晩のおかずなんじゃろな。

EVステーション

一時間後充電されているか確認します。

フル充電はできませんでしたので、充電中止の画面が出ます。
(初代プリウスPHVの場合フル充電まで1時間30分かかります。)

EVステーション

しっかりとEV走行可能距離が約15kmまで回復しています。これで家まで電気で帰れます。

新型プリウスPHVが結構売れているため、いつまでも無料で充電させてもらえるわけではないと思います。ちなみに、新型プリウスPHVと初代プリウスPHVでは充電プランが違います。

初代プリウスPHVと新型プリウスPHVの充電プランの比較

しばらくすれば普通充電も有料になるかもしれませんね。

本日はこれで。




 

プリウスの決定的な弱点?短距離走行時の燃費低下




 

坂出市にある「癒しの里さらい」に行きます。

昼間外出をしたので、EV走行用の電気は使い切った状態での出発です。

「癒しの里さらい」まで約8kmです。

プリウス弱点

夕方でも外が暑いですね。

エアコンを使用した状態で走行します。

「さらい」に到着しました。

「さらい」は讃岐特産のサヌカイトを湯船に使用、ラドンを含有している天然温泉です。

大人1人 1300円で入浴できます。




プリウス弱点

到着後気になる燃費は、

18.7Km/ℓ

全然燃費が伸びていません。

[voice icon=”http://kabunusiyuutai.net/wp-content/uploads/2017/08/687678.jpg” name=”taro” type=”l”]カタログ燃費は31.6km/ℓ(HVモード)なのに、こんなに燃費が伸びないなんて詐欺じゃねーのか。[/voice]

[voice icon=”http://kabunusiyuutai.net/wp-content/uploads/2017/08/オレンジ.jpg” name=”taro” type=”r”]これはガソリンエンジンの致命的な欠点で、「コールドスタート」て言うんだ。[/voice]

プリウスの欠点というよりガソリン車自体の欠点になるんですが、エンジンが冷えている状態で走ると燃費が悪くなります。(コールドスタートと呼ばれています。)

( 混合気中の燃料が通り道であるインテークマニホールド内に付着しやすく、その付着した不足分を補うため、多くの燃料を噴射する必要があるからみたいですね。 http://shop.t-kasae.com /?mode=f10 )

でも、通勤距離が10km未満なんて人は結構いるんではないですか?

カタログ燃費が 30km/ℓ ~ 40km/ℓ なんて数値を見せられてこの燃費だと愕然とします。

ユーザーレビューで燃費回答にばらつきがあるのも、短距離と長距離で燃費が違ので、それがばらつきの原因になっているんだと思います。

この短距離走行時の燃費低下の欠点を補うのがプリウスPHVなんです。

短距離を走行するなら充電された電気で走行し、長距離を走行するならガソリンを使用する。

初代プリウスPHVの充電後のEV走行距離は26.4km(カタログ燃費)しかありませんでしたが、コールドスタートの欠点を補うために作られたのならよくできた車だと思います。

[voice icon=”http://kabunusiyuutai.net/wp-content/uploads/2017/08/687678.jpg” name=”taro” type=”l”]短距離では電気で走り、長距離ではガソリンを使うんだね[/voice]

[voice icon=”http://kabunusiyuutai.net/wp-content/uploads/2017/08/オレンジ.jpg” name=”taro” type=”r”]その通り、短距離での燃費低下の欠点さえ補えれば、長距離だと抜群の燃費性能を発揮するからね。[/voice]

[voice icon=”http://kabunusiyuutai.net/wp-content/uploads/2017/08/無題-2.png” name=”taro” type=”l”]しかし、電気での走行距離があまりに短すぎたため、あれだけCMしたのに全然売れなかったんだよ。[/voice]

[voice icon=”http://kabunusiyuutai.net/wp-content/uploads/2017/08/オレンジ.jpg” name=”taro” type=”r”]日本人はコストパフォーマンスより、オーバースペックを好むからね。[/voice]

新型のプリウスPHVは電気での走行距離が68.2Kmと倍以上の走行距離を実現しています。少しオーバースペックな気がします。

プリウスは燃費がいいためガソリン走行時と、EV走行時のコスト差が付きにくい車です。

リチュウムイオン電池を2倍にして電池容量を増やし、価格を跳ね上げた状態で販売しています。それが結構売れているんですね。コスト差を埋めるために数十万キロ走行しないといけないのに。

エコカーはエゴカーですね。

本日はこれで。



プリウスPHVに初めてのガソリン補給 その脅威の燃費は?





プリウスPHV燃費

正岡国道店でランチをしてきました。
ここのランチはとってもお得で、お昼時になるといつもお客さんでいっぱいになります。

プリウスPHV燃費

プリウスPHV燃費

プリウスPHV燃費

タイムランチの時間は11:00~14:00です。

おかずのみは100円引き・・おかずのみで注文する人がいるんだろうか?

以前は税込表示でしたが、材料費高騰のため税抜き表示になってしまいました。(消費税分8%の値上げ)

うーん・・しかたありませんね。

これからも応援します。

プリウスPHV燃費

ライス大盛りは50円増しになります。

大盛りにしたい衝動にかられながら大盛りは我慢します。

おなかの脂肪が悲鳴をあげていますからね。

プリウスPHV燃費

ランチメニューです。

私はタルタルチキンカツ定食、ニキータ(妻)は焼肉コンビ(からあげ)を選択します。



プリウスPHV燃費

タルタルチキンカツ定食です。

ここに来るといつもこれを注文します。

プリウスPHV燃費

タルタルソースは家で作ると手間がかかりますからね。

このボリュームで750円なら大満足です。

プリウスPHV燃費

こちらが焼肉コンビのから揚げになります。

ニキータもいつも迷いながらこれを注文します。

定食にはその他に、ご飯と小鉢とみそ汁が付いています。

プリウスPHV燃費

本日、プリウスPHVにガソリンを補給します。

プリウスPHV燃費

プリウスPHV燃費

購入日にガソリンを補給して現在まで約1250Km走行しました。

補給量は25.8ℓになりましたので、

1250Km ÷ 25.8ℓ = 約 48.5 Km/ℓ

驚異の燃費です。

さすがトヨタが力を入れて開発し、宣伝を力いっぱいしていた車だけはあります。


あれだけ宣伝をしたのに全然売れませんでした。

初代プリウスPHVなんて年間目標販売台数3万5000台に対して、累計(4年間)で2万2000台しか売れなくて大コケした車ですもんね。

当時はPHVの良さなんてみんなわかりませんでしたしね。

金持ちの道楽カーとして、ただただ高いだけの車としての位置づけでしたからね。

最近ガソリンの値段が上がった気がします。

この驚異の燃費はありがたい限りです。




プリウスとプリウスPHVの決定的な違いは電池容量にあった




今治市から松山市に向います。

一般道で松山市まで行くためには山越えをしないといけません。

結構な山道です。

ここで驚くべきことが起こります。

プリウスPHV

あれ?

EV走行が可能になってる。

今治市まで行った時にEV走行用の電気は使い切ったはずなのに、EVモードでの走行が可能になっています。

EVモードでの走行が可能となった原因は下り坂にあります。

プリウスPHV

タイヤからの回生エネルギーがバッテリーに充電され続け、EVモードで走行が可能になるまで充電されたんです。

下り坂はまだまだ続きます。

プリウスPHV

プリウスPHV

EV走行可能距離がどんどん延びていっています。

プリウスPHV

山越えが終わった時にはEV走行で4.2Km走行できるまでに回復していました。

松山市内はしばらくEVモードで走行します。

プリウスPHV

とべ動物園に到着しました。

プリウスPHV

今治市から松山市まで走り続けて約50Km、燃費は28.7km/ℓになりました。

もう少し伸びると思ったんですが、上り坂でガソリンを使ったのが燃費低下の原因ですかね。

普通のプリウスですと下り坂の回生エネルギーはすべて充電できませんが、プリウスPHVなら電池容量のが大きいので、すべての回生エネルギーがバッテリーに充電され続けます。
(まあバッテリー容量には上限がありますが)

プリウスとプリウスPHVの違いが分かった一日です。

本日はこれで。




 

クルコンは燃費向上に役に立つのか?実際の燃費を紹介するよ




このレバーはなんだかわかりますか?

このレバーはクルーズコントロールといって、プリウスPHV(初代)のGグレード以上の車にオプションで付けれる装備なんです。

具体的に何をするものかというと

「アクセルを離しても一定の速度で進んでいってくれます。」

実際の操作方法は

プリウスPHV

1 レバーの横のボタンを押す

2 アクセルを踏んで設定したいスピードまで加速する

3 レバーを下に押す

4 SETのマークが出る

以上です。

これでアクセルを離しても同じ速度で進んでいってくれます。

レバーを上に上げると設定速度が上がりますし、逆にレバーを下に下げると設定速度が下がります。

プリウスPHV

プリウスPHV

アクセルを離しても90Kmで進んでいってくれます。

慣れるととても快適で、足が疲れなくてすみます。

ブレーキを踏むとクルーズコントロールが自動解除されます。

平坦な道ではエンジンの回転数が一定に保たれるため燃費が向上するという意見もあります。

(逆に上り坂でも速度を一定に保とうとしてエンジンの回転数が上がるため一概には言えませんが)

クルーズコントロールを使って今治まで走行した燃費を紹介します

プリウスPHV

32.2Km/ℓです。

エアコンをガンガンに効かせた割にはなかななの数値ではないでしょうか。
(出発時の20Kmは電気で走行しています)

このクルーズコントロールは後付けできます。

後付けするキッドが売っているみたいです。

クルーズコントロールとレーザークルーズコントロールの違い

 

新型のプリウスのPHVにはレーザークルーズコントロールが付いています。

クルーズコントロールは一定速度で走るだけで、前に車が来ると自分でブレーキを踏まないといけません。

レーザークルーズコントロールは先行車の減速、停止を追従して自車も停止する機能がついています。

先行車が発進すると自車も発進します。

新型のプリウスPHVには自動運転のためのセンサーが前方に付いていますので、そのセンサーを使って先行車の動きを察知して走行します。

わが家のスズキのスペーシアには自動ブレーキの機能が付いていますが、自動ブレーキは後付けができないと説明されました。

前方のセンサーが後付けできないので、レーザークルーズコントロールも後付けできないかもしれませんね。

車の自動運転の性能はどんどん上がっていますね。

本日はこれで。



 

 

 

 

 

プリウスの致命的な弱点が判明、その弱点とは




ランチパスポート

本日は善通寺にあるDEAR原田店に行って来ました。

ランチパスポートを買って以来、休みのたびにランチに行っています。

ランチパスポート

丸亀から善通寺までなので大した距離ではないです。

ランチパスポート

このプリウスPHVも購入して約1000キロ走行しました。

購入した日にガソリンを満タンにしました。

ランチパスポート

ガソリンゲージは約半分しか減っていません。

500キロは残りのガソリンで走れそうです。

1500キロ走行したとしてガソリンタンクの容量が45ℓとすれば、実燃費は33.3 Km/ℓ になります。

ランチパスポート

ランチパスポート

ランチパスポート

ランチパスポートを使えば本日のパスタメニューから1種類選んで食べることができます。

一人前540円で頂けます。

パン、ドリンク、サラダはバイキング形式で食べ放題です。

ランチパスポート

本日のパスタです。

私はカルボナーラを選択

ランチパスポート

ニキータ(妻)は

なすとベーコンのぺペロンチーノ を選択しました。

そこから宇多津のコスモスに行きます。

DEARから約10キロ離れています。

食料品を買いにスーパーまで行きます。

この時点でEV用の電池は切れてしまいます。

ここからガソリンを使用します。

家に帰ってきました。

エアコンを使ったのでそんなに伸びませんでしたね。

距離も走りませんでしたしね。

燃費が19.9 Km/ℓで4.3Km走行したとするとガソリンで約200cc(26円)使ったことになります。

プリウスは短距離走行では燃費が悪くなります。

それを補う意味でのPHVと考えると、

短距離 → EV走行

長距離 → ハイブリッド走行でも燃費がいい

という考え方が成り立ち、プリウスの欠点をPHVにして補っていると考えることができます。

ランチパスポートは神ですね、色々な店のランチが本を

提示するだけで540円で頂けます。

次はどこへ行こうかな。





プリウスPHVの高速性能は?





プリウスPHV燃費
本日はドライブです。

うちのニキータ(妻)がジョリーパスタに行きたいということで、愛媛県今治市に行くことになりました。

ジョリーパスタは四国には今治市にしかありません。

本日はいい天気です・・天気良過ぎないか梅雨なのに。

プリウスPHV燃費

そろそろ愛媛県に入ります。

右上のあの建物は何だろう?

プリウスPHV燃費

そろそろ今治市に到着します。

プリウスPHV燃費

やっと到着しました。

プリウスPHV燃費

高速でも意外に伸びます、まずまずの結果です。

今回はクルーズコントロールを使いました。

プリウスPHV燃費

ニキータ(妻)の目的はこれです。

たっぷりウニと海の幸冷製カッペリーニです。

プリウスPHV燃費

今回は二人でお得セットを注文します。

プリウスPHV燃費

1 シーザーサラダ
2 ピッツア
3 お好きなパスタ2品
4 お好きなドルチェ2品
5 ドリンクバー

が付いています。

冷製カッペリーニを選ぶ時には+480円かかります。

プリウスPHV燃費

シーザーサラダ

プリウスPHV燃費

ピッツアはマルゲリータを選択します。

プリウスPHV燃費

このジュースは少し赤ワインの味がします。

プリウスPHV燃費

このジュースは少し白ワインの味です。

プリウスPHV燃費

遂にやってきました。

本日の目的はこれ

「たっぷりウニと海の幸の冷製カッペリーニ」

です。

プリウスPHV燃費

私はこれ

「贅沢いくらと明太子の冷製カッペリーニ」

です。

プリウスPHV燃費

最後に本日のドルチェを頂きます。

次は今治から砥部動物園まで一般道を使っていきます。

香川にもジョリーパスタできないかな。





これは便利 リモートエアコンシステム





プリウスPHV

車のキーに付いているこのA/Cというマークわかります?

これは車の外からエアコンが使えるリモートエアコンというシステムなんです。

このリモートエアコンのシステムはメーカ純正ナビならスマホと連携して冷房を起動することができますが、私のナビは販売店オプションなのでスマホと連携することはできません。

メーカー純正は修理が高いですしね。

プリウス20系の時ですとメーカー純正ナビが壊れると約20万~30万かかると聞いたことがあります。

メーカー純正は一体式になっているため社外品ナビも付けることができません。

メーカー純正ナビが付いている中古もあったのですが、わざとメーカー純正ナビが付いている車は避けました。

そんな話はさておき、このA/Cボタンを長押しするとEV用電池に電気が残っている場合に限りエアコンが車外から起動します。

では試してみます

プリウスPHV

車に乗った状態で社外から妻にボタンを押してもらいました、いつもと違う画面が起動します。

プリウスPHV

エアコンが起動しました。

家での使用なら使い道がある

購入後、このリモートエアコンは微妙だと思っていました。

駐車場まで行かないとボタンを押しても反応しなし、電気が残っていないと使えないしと思っていました。

プリウスPHV

プリウスPHVは深夜電力を使用するので、通常プラグは朝の状態ではささったままになっています。

充電が終わるとコンセントのランプが切れて充電終了のサインとなります。

このプラグがささったままでリモートエアコンを使用します。

プリウスPHV

車のエアコンが起動して電気が使われ始めたので充電が開始されました。

車が家の駐車場にあり夏場外出する際にはあのモワッとした悪夢から解放されます。

昼間の電気を使うと電気代が少しかかりますが、夏場の車内の苦痛から解放されるならしかたありません。