クリエイト・レストラン・ホールディングの大本命!「磯丸水産」にやってきたよ。



磯丸水産

とある講習で博多にやってきました。

クリエイト・レストラン・ホールディングの優待は今まで

  • デザート王国
  • THE CITY BUFFE
  • ローストビーフ星

[box class=”yellow_box” title=”関連記事”]クリエイト・レストランツ(3387)の優待券を使ってクレープを堪能♪気が付いてはいけないことに気が付いた![/box]

[box class=”yellow_box” title=”関連記事”]クリエイト・レストランツの優待券を使って「THE CITY BUFFET」で大満足の平日ビュッフェ![/box]

[box class=”yellow_box” title=”関連記事”]クリエイト・レストランツは磯丸水産だけじゃない優待を使ってローストビーフ丼を堪能[/box]

で使用してきました。

博多にはクリエイト・レストラン・ホールディングの中で大本命の「磯丸水産」があります。優待族としてはぜひ体験しておきたい店の1つです。

では中に入ります。

ちゃんと水槽がありますね。

少し疑問に思ったのですが、店の大きさの割に水槽にいる魚や貝が少ない。18:00頃に入店したんですが、これだけしかいない。

本当に水槽の魚や貝が顧客に提供されているか疑問ですね。

うーん、信用しとこう。

酒&メニュー

今日も講習お疲れ様。

孤独のグルメの久住さん風に言うと、

「柚子風味蒸留ドリンク」

です。(柚子はちハイボール)

孤独のグルメシーズン8も期待してるよ。

コンロを用意してバーベキュー風に顧客が焼くことが磯丸水産の最大の特徴になります。

今回注文した商品は「イカとキノコのホイル焼」です。

店員さんから

「10分くらいで焼けますので」

とのこと。

この時間が結構まちどうしい。

焼けました。

アルミホイルが熱いので注意が必要です。

磯丸水産の利益率は高いと言われています。

  • 大都会にしか進出しないこと
  • 顧客が焼いてくれるので店員は手間を省くことができること。

この2点が磯丸水産が絶好調である理由のようですね。

続いて「明太じゃがバター」を選択!

博多に来て明太子ばかり食べてるな・・・。

アルコールが切れたのでさらに追加注文で「風神」を注文しました。シャーベット状の冷酒に梅酒を入れたものです。

冷たい冷酒と梅酒が良く合います。

博多に来て酒ばかり飲んでます・・・お腹の脂肪が悲鳴をあげてる。

最後に磯丸水産の看板メニューの「海鮮こぼれ丼」です。

うーん、写真と少し違う。

こぼれているという表現よりは、はみ出しているといった表現が正しいような・・・・・味はまずますでしたよ。

会計

ここで伝家の宝刀「クリエイト・レストランツ・ホールディング」の優待券を使用します。

3,627円の支払いのところ、2,000円分の優待券を使用したので1,627円で食べることができました。

チェーン店としては悪くないんですが、正規の値段で来るかと言われれば微妙です。

浜海道の方がいいかな・・・。

まあ都会は固定費や人件費が高いですからね。

コンビニや飲食店は外国人の店員だらけです。

日本人の定員が少ないくらいです。

アベノミクスの影響が出ているみたいですね。

僕が保有している株にはアベノミクスの影響は来ていません。

含み損の株価が多いです(涙)

それではまた。

[box class=”yellow_box” title=”関連記事”]讃岐が誇る名店「うまいもんや浜海道」!メール会員は絶対なっておくべきだよ。[/box]

[colwrap] [col2]

[/col2] [col2]

[/col2] [/colwrap]

合わせて読みたい

こんな銘柄に要注意!改悪されやすい優待銘柄の特徴4選!




最近優待改悪のニュースが相次いでいます。

優待族としては危機的状況でもあります。

最近ですと、

  • 日本ギア
  • ブロードリーフ
  • 鈴木
  • エリアクエスト

といった優待族がヨダレを出して飛び付くような優待銘柄が相次いで優待改悪を発表しています。優待改悪を発表する企業にはある規則性があります。

自社製品の提供ではない

自社商品以外の商品を提供している企業の優待は圧倒的に改悪されやすい傾向にあります。

クオカードやギフトカード、カタログギフトなどですね。

これらの商品は調達コストが企業収益にモロに影響するので、株価下落や企業収益低下によって簡単に改悪されたります。

  • 日本ギア
  • エリアクエスト

などは、優待を新設発表してすぐに改悪を発表しています。エリアクエストにいたっては新設から5カ月で廃止していますからね。

ほとんど詐欺同然です。

自社商品以外の調達で優待利回りが高すぎる銘柄は改悪の可能性がかなり高いと言えるでしょう。

自社製品でも優待利回りが高すぎる

自社商品も優待利回りが高すぎる銘柄も注意が必要です。

  • オートバックス
  • 山喜

などがそれです。

自社商品の提供でも改悪されることがありますので、高すぎる優待利回りには注意しなくてはなりません。

[box class=”yellow_box” title=”関連記事”]神優待だった山喜(3598)の優待改悪発表!優待族としては瀕死の状態です。[/box]

[box class=”yellow_box” title=”関連記事”]オートバックスが株主優待の大改悪を発表したよ!かなり怒ってます。[/box]

年に一回ドカンとした優待がある

年に1回ドカンとした優待がある銘柄も優待改悪傾向にあります。

年に1回ドカンというのは、

  • 年に1回しか優待月がなく
  • 株価の割に優待利回りが高い銘柄

上記の2点を満たす銘柄は改悪されやすい傾向にあります。

株主優待のクロス取引(両建て)の格好の餌食になるからです。

エストラストなんか1年以上継続保有しないと優待が貰えなくなりましたからね。1年以上継続保有しないと優待を貰えない銘柄が結構増えています。

クロス取引対策ですね。

私はクロス取引は大嫌いです。

株式投資は会社を応援するために投資をし、そのお礼に配当や優待を頂くことが大前提としてあります。

クロス取引は会社に利益をもたらしません。利益をもたらさないどころか被害すら与えます。

はっきり言って泥棒と同じです。

クロス取引をしている皆さん心が浅ましいですよ。

東証一部に上場が決定した

東証一部に上場した直後に優待を改悪する企業があります。

東証一部上場の昇格条件を満たすために(流通株式数、株主数、売買高)、高利回りな優待を設定して上場後優待を改悪するケースです。

  • オカダアイヨン
  • ヴィア・ホールディング

などがあります。

(ヴィア・ホールディングは個人的には優待改悪ではないと思いますが、世間の評価としては改悪の声が多いです。)

[box class=”yellow_box” title=”関連記事”]ヴィア・HD(7918)の優待券を使って優待改正前と改正後でどのくらい金額に差が出るか検証したよ。[/box]

まとめ

株式投資の世界に長くいると優待改悪の事態には結構遭遇します。優待改悪になるとかなりの確率で株価が下落します。

世間では株主優待は確実な投資なんて言っているFPの人も沢山いますが、優待改悪の可能性と常に背中合わせだと思って株式投資をしないといけませんね。

本日はこれで。

 

[colwrap] [col2]

[/col2] [col2]

[/col2] [/colwrap]

合わせて読みたい

2018年度三谷産業(8285)の株主優待到着!中身はなんじゃろな?



三谷産業優待

三谷産業から優待商品が送られてきました。

我が家は100株保有ですので、1,500円相当の陶磁器製品が自動的に送られてくることになります。

1,000株以上ですとオンラインショップの優待割引券などを頂けます。優待目的で保有するなら、ニッコー(5343)株に直接投資した方が優待利回りは高いです。

前回の優待商品はこちらです。

[box class=”yellow_box” title=”関連記事”]三谷産業の株主優待が到着しました!中身はなんでしょうか?[/box]

講演録

三谷産業さんは優待商品と一緒に講演会の講演録が冊子として同封されています。去年の講演録は、

「日本のリーダーシップについて」

の講演録でした。

今回の講演録は、

「働き方改革の狙いと展望」

という題名ですね。

将来年金支給額が70歳~75歳になった時にどのような働き方ができるのかなんてことが書かれています。

中小企業は定年制が無くなるなんてことも書かれています。

そんな将来は想像したくも無いですね。今の仕事を70歳までやれと言われったて無理です!絶対無理!

ジョジョの奇妙な冒険のDIO並の「無理無理オラオラ」状態です。しかし、諸外国の年金支給開始年齢は軒並み繰り下がっています。

ふー、将来に対して絶望しかありません。

2018年度優待商品

今回の優待商品はこちら!

前回と同じような小鉢ですね。

こういった小鉢が使い勝手がいいので助かります。

 

裏にはニッコーの文字とともに 「Made in Japan」の文字が刻まれています。

やっぱり「Made in Japan」でしょ。

近年では中国企業も「Made in Japan」にこだわっていて、中国国内で使う耳かきをわざわざ日本の工場で作るんだとか。

そして中国に輸入して一本800円とかの値段で販売するみたいです。

イケダハヤトが昔ブログで、

「日本のモノづくりはオワンコ」

[box class=”green_box” title=”外部記事”]日本のもづくり[/box]

なんて書いた記事がありましたが、そんなことはありません。

細かいことが気になる国民性は物作りに非常に適しています。

周りが細かい人ばかりなんで正直私は生きづらい・・・。

来年の優待商品も楽しみですね。

それではまた。

 

[colwrap] [col2]

[/col2] [col2]

[/col2] [/colwrap]

合わせて読みたい

お前もか!日本コンセプトの優待が大改悪(涙)




日本コンセプトの優待が到着しました。

日本コンセプト優待

これが最後のカタログギフトになります。

ちなみにカタログギフトに値段が書いてあるのは、妻が少しでも得をしようとインターネットで値段を調べてました。

日本コンセプトは先日優待の大改悪を行いました。

変更前の優待内容がこちら

基準日継続保有保有株数優待内容
6月末_100株以上2000円相当の
カタログギフト
12月末1年以上100株以上1000円相当の
クオカード

100株で1年以上保有していれば、2000円のカタログギフト&1000円のクオカードをくれる神銘柄だったのに・・・・。

変更後の内容がこちら(2019年以降)

基準日継続保有保有株数優待内容
12月末1年以上500株以上3,000円相当の
カタログギフト
1,000株以上6,000円相当の
カタログギフト

優待を貰うためには500株以上を1年以上保有しなくてはならないダメ銘柄になり下がりました。

2018年12月の優待に関しては、1年以上の長期保有者であればクオカードを1000円分が頂けるみたいです。

[box class=”green_box” title=”外部記事”]日本コンセプトが優待の大改悪を発表したよ[/box]

このところクオカード銘柄の優待改悪が続けて発表されています。

  • 日本ギア工業
  • エリアクエスト
  • ブロードリーフ

私が所有している銘柄だけでも3銘柄が優待改悪されてしまいました。

しかも、3名義分保有していたので優待改悪のダメージが3倍です・・・(涙)

クオカード関連銘柄には注意しなくてはなりませんね。

クオカードは自社製品ではないので、調達コストが会社の経営にモロにダメージとなります。

これから注意した銘柄は、

  • アクトコール
  • 原田工業

こういった銘柄には注意したいですね。

特に東証一部に上場した直後には注意が必要です。

それではまた。

[colwrap] [col2]

[/col2] [col2]

[/col2] [/colwrap]

合わせて読みたい