宇和島の郷土料理屋「ほづみ亭」で食べる筆者おススメの宇和島名物8選




宇和島料理

せっかく宇和島まで来たのであれば、ご当地の美味しいものを頂かないといけません。

今回のお店はこちら、「ほづみ亭」です。

トリップアドバイザーで、宇和島のレストラン411軒中1位のお店です。
(2017年8月)

ここなら美味しい料理が期待できそうです。

宇和島料理

入口も味が出てていい感じです。

宇和島料理

やっぱり美味いものには美味い酒が必要ですね

[voice icon=”http://kabunusiyuutai.net/wp-content/uploads/2017/08/オレンジ.jpg” name=”taro” type=”l”]私達は土曜日の夕方(17:30)に行ったのですが、ほぼ満席でした。後から来た客は断られていましたので、前もって予約しておくことをお勧めします。[/voice]

それでは宇和島の美味いものを頂きます。

宇和島の郷土料理「丸ずし」

宇和島料理

これは丸ずしと呼ばれる郷土料理になります。

米に恵まれなかった南予の人達が、米の代わりにおからを使って酢でしめた魚を寿司にして食べたのが始まりと言われています。

これが結構いけます。

あっさりとしてて、すごい食べやすい。

カメの手

宇和島料理

初めて見た時は本当のカメの手かと思いました。

後で調べてみると、ツジツボの遠い親戚にあたるみたいです。

宇和島料理

見た目はグロいですが、中の身はとっても美味しいですよ。

カメの手にはコハク酸が豊富に含まれているので、滋養強壮の効果が期待できます。



うつぼの唐揚

グロテスクなものが続きます。

うつぼの唐揚です。

そう

こんなやつです。

これがとっても美味しい。

ウツボは海の精力剤と言われるくらい栄養素が豊富で、アミノ酸、アルギニンなど沢山の栄養素が含まれています。

一説によると、すっぽんより精力剤成分が多いみたいですよ。

カツオの刺身

宇和島料理

カツオといえば高知を思い出すかもしれませんが、愛媛県(南部)も有名です。

愛媛県南部にある愛南町では古くからカツオの水揚げが盛んに行われています。

カツオの身は空気に触れると鮮度が落ちるのが早いので、刺身ではなかなか食べられません。

スーパーで売っているカツオは「たたき」にして売っているのが一般的だと思いますが、南予まで来たからには「たたき」ではなく「刺身」で頂きましょう。

にんにくなどの薬味をたっぷりのせ、頂くカツオの刺身は格別です。

深海魚の揚物

宇和島料理

本日の深海魚の揚物はアンコウでした。

このアンコウは身がぷりぷりで

宇和島料理

思いだすだけでヨダレが止まりません。

海鮮サラダ

宇和島料理

この「ほづみ亭」の海鮮サラダは魚介類の量と新鮮さがハンパじゃありません。

温野菜もサラダの中に入っていて、さらにポイントが上がります。

さすが、宇和島ですね。

鯛めし

宇和島料理

宇和島では飲んだ後のしめで食べられている郷土料理です。

鯛の身がぷりぷりで超高級な卵かけご飯を食べている感じです。

鯛めしは食べる所により全然味が違います。

「讃岐うどん」もそうなんですが、観光地で食べるより普通のうどん屋で食べた方が美味しかったりします。

観光地で食べるのではなく、こういった居酒屋で食べるのが本当のご当地料理かもしれませんね。

ウニ丼

宇和島料理

ウニ丼です。

外国産じゃありませんよ、宇和海産のウニです。

こんだけ沢山の国産のウニがのっていて、お値段はとてもリーズナブル。

これは食べるしかありません。

いかがでした。

それではまた



 

ほづみ亭

営業時間 11:00~13:30(L.O.) ランチ営業

17:00~22:30(L.O. 21:30)

定休日 不定休

プリウスPHV(30系)を1カ月間充電した結果電気料金はどのように変わったのか?



7月分の電気代の請求が来ました。

使用期間は6月16日~7月17日ですので、プリウスPHV(30系)を毎日充電した一ヶ月分の電気料金になります。(納車が6月4日でしたので)

請求金額 9548円(450kWh)

余剰・太陽光発電売電金額 18,144円(432kwh 42円買取)

請求金額が上がっていますね。

前年度同月使用量と比べてみます

当月使用量前年同月使用量
昼間186KWh190KWh
夜間264kWh170KWh

昼間の使用量が前年と同じくらいですが、夜間の使用量がかなり上がっています。(プリウスPHVは深夜電力で充電されていますので当然ですが)

前年度からの増加分がプリウスPHVの充電に使われたと仮定すると

264KWh - 170KWh = 94KWh

四国電力の季節別時間帯別電灯の深夜電力は約11円(1KWh)ですので

94KWh × 11円 = 1034円

約1,000円電気料金が上がったことになります。

[voice icon=”http://kabunusiyuutai.net/wp-content/uploads/2017/08/オレンジ.jpg” name=”taro” type=”l”]一回の充電で約20km走行できるので、一ヶ月で600kmは電気で走行したことになります。(30日×20km)

1,000円で600km走行できたとすると、かなりの低コストですね。[/voice]

四国電力からメール

四電コンシェルジュに登録していますので、四国電力からメールがたまにきます。

その内容は、

「季節別時間帯別電灯」の契約は新規加入を終了しておりますので、一度プラン変更をしてしまうと、現在のプランに再加入できなくなります

とのことです。

季節別時間帯別電灯のプランの場合、深夜電力(23:00~7:00)が1KWh当たり11.04円で使用できます。

新しいオール電化プランで「スマートeプラン」がありますが、このプランですと深夜電力が割高になっています。
(1kWh当たり 14.22円 23:00~9:00)

電力会社各社は原子力発電が停止している関係で、深夜電力の価格を釣り上げています。

原子力発電は出力の変更をするのが難しいんです。

原子力発電が稼働している時は、深夜電力の使用の促進(エコキュート)や揚水発電などで深夜の電力をうまく使おうとしていました。
(電力使用量が落ちる深夜でも原子力発電は出力変更ができないので)

原子力発電が停止した現在、深夜電力を積極的に安くする理由もなくなり、電力会社各社は深夜電力の値上げを始めたんです。
(火力発電は原子力発電に比べて出力変更が容易に行えるので、夜間の出力を下げればよいだけ)

現在電力会社を選べるようになっていますが、安易なプラン変更は電気料金が上がるだけでなく、従来のお得なプランにも再加入できなくなる恐れがありますので、注意が必要です。

それではまた


鈴木(6785)とフランスベッド(7840)の優待が到着したよ



鈴木(6785)の優待到着

鈴木の優待は

権利確定月 6月、 年1回

地元名産のお菓子詰め合わせ

100株1,500円相当
1,000株2,500円相当

が頂けます。

開けてみます。

鈴木優待

鈴木優待

鈴木優待

鈴木優待

鈴木優待

鈴木優待

ちなみにこのお菓子はオンラインショップ(竹風堂)で

栗かの子(小型2個入り) → 972円

くりざさ(2個入り) → 648円

で販売しています。

[voice icon=”http://kabunusiyuutai.net/wp-content/uploads/2017/08/オレンジ.jpg” name=”taro” type=”l”]栗かの子は、ケーキのモンブランの上の部分を濃くした感じかな。[/voice]

[voice icon=”http://kabunusiyuutai.net/wp-content/uploads/2017/08/687678.jpg” name=”taro” type=”r”]栗だから当たり前だろ、私は水ようかんの方が好きかな。あっさり食べられるしね。[/voice]



フランスベットの優待も到着

フランスベッドの優待も到着しました。

枕を注文していました。

フランスベッド優待

フランスベッド優待

フランスベッド優待

寝具は買うと結構高いので、助かります。

[voice icon=”http://kabunusiyuutai.net/wp-content/uploads/2017/08/687678.jpg” name=”taro” type=”l”]私の枕がへたってきてるから、これは私の枕にするわ[/voice]

[voice icon=”http://kabunusiyuutai.net/wp-content/uploads/2017/08/オレンジ.jpg” name=”taro” type=”r”]いつも家事お疲れまさです。[/voice]

それではまた


マルシェ(7524)の優待到着!少し制度が変更になったよ



マルシェの優待到着

マルシェ(7524)の優待が到着しました。

マルシェの優待は

年2回 権利確定月 3月、9月

100株3,000円相当(1000円×3枚)
500株15,000円相当
1,000株25,000円相当+株主優待品

以上のようになっています。

このマルシェの優待はとても使いづらくて、

「飲食1回に付き1人につき1枚使用可能」

ということなんです。

実質の1人1,

1,000円引きですね。

100株保有の場合は3,000円相当(1000円×3枚)の優待券を頂けますが、夫婦で行った場合1枚余ることになります。

我が家の場合は、余った1枚は持ち帰りに使用しています。
(持ち帰りならドリンク代もお通し代もかかりませんからね)

[voice icon=”http://kabunusiyuutai.net/wp-content/uploads/2017/08/687678.jpg” name=”taro” type=”l”]私は持ち帰りよりも、店で食べた方が断然好き。持ち帰りだと、原則火を通したものだけだから食の可能性が広がらない。[/voice]

[voice icon=”http://kabunusiyuutai.net/wp-content/uploads/2017/08/オレンジ.jpg” name=”taro” type=”r”]お厳しいお言葉、ありがとうございます。[/voice]

どうしても店で使用したいのであれば、有効期限が6カ月ですので

6月発送の株主優待券 → 12月末日

12月発送の株主優待券 → 6月末日

使用期限の最後の月にかぶる月が出てきますので(発送が間に合った場合)、その時に使用するしかなくなります。

制度が少し変更になった

マルシェの優待券は使用方法が少し変わり、株主名を書かないと使用できなくなりました。

マルシェ優待

マルシェ優待

券面に株主名が記入されていない無い場合は、使用できませんと書かれていますので使用には注意して下さい。


実際に使ってみる

マルシェ優待

マルシェ優待

焼鳥にはやっぱり酒だろ 🙂

マルシェ優待

お通しです。

マルシェ優待

パリパリサラダ

マルシェ優待

せせりポン酢

マルシェ優待

ラフティー

マルシェ優待

もずくとゴーヤの天ぷら

マルシェ優待

もちポテのり明太チーズ

[voice icon=”http://kabunusiyuutai.net/wp-content/uploads/2017/08/オレンジ.jpg” name=”taro” type=”l”]もちポテのり明太チーズは神だろ。周りはカリッして、中からもちの中から明太子とチーズが出てくるなんて、反則の組み合わせだろ。[/voice]

マルシェ優待

焼鳥の盛り合わせ

マルシェ優待

チキン南蛮

マルシェ優待

だしまき

会計

マルシェ優待

優待券(レシートでは株優で表示)を使ったので2000円引きになっています。

消費税率をかける前の金額から引かれていますので、実質の値引き額は2,160円になります。

ヴィア・ホールディングが株主優待を改定した関係でマルシェの株は売ってしましました。

ヴァイ・ホールディングから5,000円相当の券が年間2回来ますからね。

今度から焼鳥は扇屋になります。

それではまた。